クレジットカード 審査

MENU

クレジットカードは学生は作れるの?

クレジットカードというものは、ショッピングなどで利用した分に対して請求が届き支払うという仕組みのものです。

 

そのため、クレジットカードを持つための利用申し込みをした場合には、必ず審査というものが行われます。

 

買い物段階では本人にかわってカード会社が立て替えて払っているようなものですので、その分の返済がされなけれカード会社は損をすることになります。

 

そのため、クレジットカードの審査においては本人にどれだけの収入があるのかという点も重視されます。

 

ここで問題となるのが、学生がクレジットカードを持つ場合です。

 

学生であっても18歳以上であればクレジットカードの利用申し込みをすることが可能です。

 

日本の法律では16歳以上になればアルバイトなどで収入を得ても問題はないとされていますので、18歳以上の学生ともなれば既にアルバイトで収入を得ている人も珍しくはありません。

 

ただし、クレジットカードの審査の場合には本人の収入ではなく、親権者である保護者の収入が関係してきます。

 

特に20歳になる前の未成年者の場合は、親権者の責任のもとカードを取り扱うことになりますので、本人の収入よりもむしろ、親権者がどれだけ収入を得ているか、あるいは借入がどれだけあるかといった点が重視されることになります。

 

カード会社の多くは、学生向けに特化した学生カードという商品を展開しており、限度額が低めに設定されていたり、学生という立場でなくなれば自動的に一般カードに変化したりといった様々な特典が用意されています。

 

あくまでも学生の本分というものはお金を稼ぐことではなく勉強をすることになりますので、クレジットカードについても使いすぎないような工夫が凝らされているといえるでしょう。

 

学生でもクレジットカードを持つことはそれほど難しくはありませんが、その場合には返済が滞ったりすることのないように十分注意して使うようにしましょう。

 

支払いの滞納などがあれば、それによってその後の信用などが下がってしまう可能性があります。