クレジットカード 審査

MENU

自営業者はクレジットカードを作れる?

一般的に、自営業の人はクレジットカードの審査が通りにくいといわれています。

 

その理由には様々なものがありますが、やはり収入が不安定であるという点が挙げられます。

 

会社員と異なり自営業は仕事が安定しているわけではありませんので、どうしても入ってくるお金も不安定になりがちであり、同時に年収の計算もしにくいということになります。

 

自営業の人の場合も、クレジットカードの申し込み段階で年収を申告する必要がありますが、その金額をそのままカード会社が額面通り受け取るかどうかは別の話です。

 

そのため、カード会社は各自治体などに問い合わせて納税証明書や確定申告といった書類などを含めた確認をすることになります。

 

一言で自営業といってもその年収は人によってバラバラで、100万円にも満たない人もいれば数百万円以上にものぼるといった人もいます。

 

また、在籍確認が難しいのも自営業の難点です。

 

会社勤めをしている会社員であれば、勤務先に連絡が来ればそれで良いのですが、自営業の場合は勤務先=自宅だったりすることもわけですから、本人が電話に出ても在籍確認にはなりません。

 

こうした理由から、どうしても自営業の人の場合はクレジットカードの審査が厳しい傾向にあります。

 

とはいえ、最近では自営業であってもクレジットカードが作れるところが増えてきました。

 

実際にクレジットカードの申し込み書を見てみると、職業の欄に「自営業」という項目を設けているところも少なくありません。

 

こうしたことから、自営業だからといってクレジットカードを作ることができないというわけではないことがわかります。

 

ただし、自営業の場合は先述のようにどうしても収入が安定しない傾向にあります。

 

そのため、会社員などの場合に比べると審査に時間がかかる可能性が高く、また、年齢などによってはカードが作れないといったケースも決して珍しくはありません。

 

クレジットカード会社からしてもリスクはできるだけ避けたいでしょうし、仮に作れたとしても使いすぎには十分注意すべきでしょう。