クレジットカード 審査

MENU

クレジットカードの審査に通らない理由はこれ

クレジットカードの審査は、カードを発行する会社ごとに様々な基準が設けられており、会社によって異なります。

 

そのため、クレジットカードの審査に通らない理由というのも多くの理由が考えられます。

 

まず、最も一般的な理由といえるのが、「過去にトラブルを起こしている」というもの既にクレジットカードを持っている人であれば、クレジットカードの支払いについて延滞をしたことがある等、良くない実績がある人の場合は新規にカードを作る際にそれがマイナス要素として働いてしまう可能性があります。

 

こうした場合には、しばらく時間を置いてから再度申し込むようにするといった対処法が効果的です。

 

時間を置いてから申し込む理由は、あまりに短時間に複数のカード会社に利用を申し込んだ場合には、それもやはり審査のマイナス要素と判断されてしまうことがあるからです。

 

カードの申し込み情報というものは、個人信用情報機関に登録され、カード会社はその情報機関より情報を共有していますので短期間のうちに複数のカード会社に申し込むということは何かあるのではないかと思われてしまうことがあります。

 

この情報機関に情報が登録される期間は最低6ヶ月となっていますので、カードの審査に通らなかった場合には次のカードに申し込む時は少なくとも6ヶ月ほど期間をあけてから申し込むようにしましょう。

 

同様に、既に多くのクレジットカードを保有しているというのも、クレジットカードの審査に通らない理由のひとつとなります。

 

クレジットカードの枚数が多くなれば、それだけ支払いなどが遅れる原因になる可能性が高まります。

 

特にこれまでに支払い実績などに問題がないのに審査に通らないといった場合には、こうした理由が考えられますので使っていないカードなどがあれば解約するといった対処法をとることになります。

 

このように、クレジットカードの審査に通らない理由には様々なものがあります。

 

いずれも自身の過去の経歴に関係するものが多くなりますので、その経歴を見直すことが対処法にもつながります。