クレジットカード 審査

MENU

クレジットカード審査に影響する個人信用情報

クレジットカードは、店舗でのショッピングに欠かせない非常に便利なものとなっています。

 

特にインターネットのショッピングにおいてはこれがなければ買い物ができないところも多く、ネット社会では不可欠な存在といえるでしょう。

 

しかし、そんなクレジットカードですが誰でも無条件に持つことができるというわけではなく、カードの利用を申し込んだ場合には必ず審査を受ける必要があります。

 

カード会社の審査を受けて、利用するに適切と判断された人だけがクレジットカードを持つことができるのです。

 

カード会社がクレジットカードの審査において確認する項目には様々なものがありますが、特に重視されるものといえるのが個人信用情報です。

 

個人信用情報とは、クレジットカードの申し込みをしてきた人が、クレジットカードをはじめ他からの借入の有無など、これまでにどのような取引をしてきたかという情報です。

 

クレジットカードを運営する各カード会社では、クレジットカードの適切な利用を目的として、審査の段階でこうした個人信用情報を確認しています。

 

この個人信用情報には、これまでのカード利用の履歴や、他からの借入などといった情報が確認できますので、審査においては非常に重要な材料といえます。

 

クレジットカードを申し込む際には、住所や氏名、職業といった基本的な情報を申込書に記載をすることから始まります。

 

この情報が果たして本当に正しいかどうかという点を確認するという意味でも、個人信用情報は使われますし、申込書に記載された内容に加えて情報機関に登録されている信用情報も参考にされています。

 

この信用情報機関には、クレジットカードの申し込み履歴や契約内容、カードローンの利用履歴などが一定期間登録されるように義務づけられていますので、本当は借入を受けているのに受けていないといった虚偽の申告をした場合でも必ずばれるようになっています。

 

こうした虚偽の申告をはじめ、詐欺などの原因を防ぐといった意味でもこの個人信用情報は審査においては重要な存在といえます。