クレジットカード 審査

MENU

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い

今やクレジットカードは、インターネットでの通販での支払いをはじめ日常生活に欠かせない存在となりつつありますが、このクレジットカードでも「キャッシング」というものを利用することができます。

 

これは、クレジットカード会社がお金を融資してくれるというものですが、似たニュアンスをもったものとして各銀行が展開するカードローンがあります。

 

クレジットカードでのキャッシングと銀行などで受けられるカードローンは、非常に似た存在ではありますが、その実様々な違いがあります。

 

まず、クレジットカードのキャッシングの場合「買い物に利用できる」という特徴があります。

 

たとえばクレジットカードで支払いをする際に、残高が少なかったりした場合などにクレジットカードのキャッシング枠から融資を受けて支払いに充てることができますが、カードローンを利用するために銀行から発行されたローンカードを提示しても買い物には利用できません。

 

その反面、クレジットカードのキャッシング枠に対して銀行のカードローンの場合は融資できる限度額が高めに設定されている傾向にあります。

 

クレジットカードのキャッシングでは100〜200万円前後の限度額であるのに対し、カードローンで利用できる金額は200〜500万円前後である場合がほとんどです。

 

このように、クレジットカードのキャッシングとカードローンとではそれぞれ一長一短あります。

 

また、両者の異なる点として返済方法があります。

 

クレジットカードの場合は、毎月決まった日に設定した口座から利用した金額に応じて引き落としが行われますが、カードローンの場合は毎月決まった日に一定の金額を支払う返済方式となっている場合がほとんどです。

 

こうした両者の違いを考えつつ、自身のライフスタイルなどを総合的に考えてどちらの方法が最適なものかどうかを選択すると良いでしょう。

 

もちろん両方を必要に応じて使い分けるというのもひとつの方法ですが、その場合は返済計画などを慎重に立てる必要があります。