クレジットカード 審査

MENU

クレジットカードの審査なら『アコムマスターカード』にお任せ!

実質年率 3.0%〜18.0%
借入限度額 最高800万円

とりあえずキャッシングをしたいのでクレジットカードでなくてもいいという方

キャッシングをする為にクレジットカードを持ちたい方って意外に多いと思います。それなら自社審査能力の高い大手消費者金融のカードローンがお勧めです。

 

アコムもそうですが、プロミスも銀行ローンの保証会社を務めるほど古来(そんなに昔ではないか・・・)より貸金専業でいとなんでいるので審査能力は抜群!

 

キャッシングするなら以下の3カードローンから選べば間違いなしです。

クレジットカード審査の緩いカードってあるの?

クレジットカード審査に落ちる人の理由のナンバーワンは、

クレジットカードヒストリー(クレジットカード利用履歴)がない

ということなのです。クレジットカードを持っていないから申込むのに使ったことがないことを理由に審査に落とされるのはこれほど理不尽な理由はありません。

 

これはクレジットカードの信用情報機関の特徴なのでどこのクレジットカードに申込んでも結果は同じです。

 

ですので特別クレジットカード審査の緩いカードというものは存在しないんですね。

クレジットカード審査に通りません!解決策を教えて!

実際問題編集部の私も初めてクレジットカードの申し込みをした時、某○○急便で高給を貰っていたのですが審査に落とされた経験を持つ男です(汗

 

その時先輩から『クレジットカードの審査に落ちたんやったらアコムクレジットカードに申込んでみ!』と教えられて審査の申し込みをしたらすんなり通りました。

 

私にはクレジットカードの発行を断られるような与信状況ではないのにクレジットカードヒストリーがないだけで審査に落とされていたのが、アコムクレジットカードではクレジットカード信用情報機関ではなく貸金業の信用情報機関にアコムが属しているので与信のしっかりある私にクレジットカードを発行しない理由はないのです。

 

さらにアコムは貸金業の審査能力もメガバンクのカードローンの保証会社を務めるほど高いのでしっかり与信を見極めクレジットカードを発行してくれるのです。

クレジットカードとキャッシングの審査基準

アコムやプロミスといった消費者金融をはじめ、世の中には多数のキャッシング業者が存在します。そんなキャッシング業者の特徴といえば、やはり誰でも手軽に融資を申し込むことができるという点にありますが、当然ながら融資を受けるためには審査に通らなければなりません。

 

キャッシングと似た概念としてクレジットカードというものがあります。クレジットカードもキャッシング業者同様に審査を受ける必要があり、その審査に通過した人だけがカードを持つことができるという点では共通していますが、その審査基準については様々な違いがあります。

 

まずクレジットカードの審査基準として重視されるのは、その人の職業です。たとえば会社員なのか、公務員なのかはたまたフリーターなのか、そういった点がクレジットカードの審査では重要なのであり、カードの種類によっては持つことができない職業という場合もあります。

 

キャッシングの審査では職業はそれほど重要ではありません。もちろん正社員の場合とフリーターの場合とでは全く立場が平等というわけではありませんが、キャッシング業者が重視するのは収入が安定しているかどうかという点です。

 

安定した収入があれば正社員であってもフリーターであっても学生であっても関係なく融資を受けることができますこの点がクレジットカードとの違いです。

 

もうひとつクレジットカードとの違いとして挙げられるのが、審査における時間です。クレジットカードの審査では申込書類に身分証明書などを添えて提出することから始まり、その後数日〜数週間の時間を必要とします。

 

キャッシングの場合は最短で申し込んだその日のうちに融資を受けることが可能であり、こうした点からもそもそもの審査の方法や内容がクレジットカードとは全く違うということがわかります。

 

とはいえ、キャッシングとクレジットカード、いずれの場合も「返済能力」が審査で確認されるという点に変わりはなく、その点についての審査基準が異なると考えることができます。

クレジットカードの審査ではどこが重視されるのか?

クレジットカードは今や持っていない人は少ないというくらい多くの人に普及しています。最近のクレジットカードはポイントがついてお得なものや、リボルビング払いなど月々の支払いが楽になる機能がついたり、キャッシング機能が付いているものなど多機能で便利なものが増えてますます注目度が上がっています。

 

ただ、まだクレジットカードを持っていない人もいると思います。クレジットカードを作ったことのない人の疑問として多いのが、審査はどこが重視されるのかというものです。

 

クレジットカードを作る際はウェブ上や書面で申請書を詳しく書かないといけないので、そこで作るのをやめてしまっている人もたくさんいます。クレジットカードを作りたいけど自分でも作れるのかと不安になっている人のために、審査でどこが重要視されるのかを解説していきます。

クレジットカードの審査ではどこが重視される点

そもそもクレジットカードに審査がある理由ですが、申込者の返済能力の見極めるためです。クレジット会社としては、返済が滞ってしまうリスクを回避する為に審査するわけです。

 

ですから、どのクレジット会社にしても審査で重視されるのは申込者に返済能力が十分にあるかということが最も重視されます。返済能力とは、

  • 申込者の年収や資産
  • 会社の勤続年数
  • 勤務先の信用度
  • 職種
  • 持ち家の有無
  • 過去にローンなどで事故を起こしていないか

といった項目がチェックされます。年収で言うと200万円以上がボーダーラインと言われています。会社の勤続年数で言うと最低1年。勤務先の信用度は、勤め先がどれだけ安定しているかがチェックされ、職種も同様に仕事内容などから信用度が調べられます。持ち家の有無は、担保としての役割があるのでつくりやすくなります。

 

あとは、過去にクレジットカードを作ったことがない人でもローンなどを利用して事故を起こしていないかはとても大切なチェック項目となっています。過去に事故を起こした人はブラックリストと言って、不払いの履歴や返済遅滞の情報が信用情報機関に載ってしまい、クレジットカードを作るのが難しくなります。

 

ただし、ある程度の期間が経つとクレジットカードを再度作れるようになります。このように、クレジットカードを作るのには過去と現在の情報から申込者がしっかりと毎月返済できるかが重視されるのです。

仕事をしてないとクレジットカードの審査は通らない?

クレジットカードを作る場合、申し込みには、名前、年齢、職業、年収等が必ず必要で、各クレジットカード 審査でもこれらの情報は審査をする上で必要となります。

 

当然、カードを作る上でお金が返せるかが、審査における重要なポイントですから、それが無職で収入が無いとなると審査に可決することはまず、難しいと考えていいと思います。

 

難しいというより、クレジットカードの審査において、氏名、年齢、職業や年収、勤続年数は審査をする上で、必要項目なので、これらが不足している場合、申込みしても無理だと考えるべきかもしれません。

 

普通に考えればこれはわかる事ですが、無職という事は収入が無く、収入が無いければ、カードで買い物をしてもそれを返すお金が無いという事になりますので、そうした条件における審査は、否決になる事は間違いありません。

 

ただし、無職といえども人によりその無職の理由が違いますので、無職の中にもクレジットカードを作れる場合もあります。

 

それは例えば専業主婦で、旦那さんに収入がある場合の無職は、クレジットカード会社でもそうした主婦をターゲットとしたクレジットカード商品がありますから、そうしたクレジットカードは作れるでしょう。

 

また年金受給者と言う場合も同じく無職ですが、こうした方々は収入が年金で入りますので、この場合もクレジットカード会社により審査可決になるケースもあります。

 

無職で、審査に通らないというのは、やはり未婚者であり、尚且つ無職で年金等がおりているわけでもないという場合、完全に収入が無いという事になりますので、こうしたケースの無職はクレジットカード審査も通らず、クレジットカードを作ることはまず不可能だと思います。

 

クレジットカードは、主に買物等に利用するカードだとしても、要はクレジットカード会社にお金を借りるのと同じ事ですから、それが払える能力があるか?と言う部分はクレジット会社としても重要な部分ですから、無職でクレジットカードを作ると考えておられる場合は、まず無理と認識しなくてはいけません。

 

ただし、例外は主婦や年金受給者等であり、その他の無職者の申し込みは、クレジットカード審査には、通過できません。

 

勿論、主婦や年金受給者と言う場合の無職のケースでも過去に何らかのトラブルがある、延滞や自己破産歴がある、債務整理等をしているという場合は、当然クレジットカード審査における可決は難しいと考えられます。

昨今のネット社会でクレジットカードなしではネットショッピングがままならず、振込みによる対応をしなければならなくなる中アコムマスターカードによってそのわずらわしさや、振込手数料から開放されるのです。

 

振り込み手数料から開放されるだけでなく、時間外・土日祝のATM手数料も節約できるのです。

 

どうですかこの便利さ。だいたいクレジットカード 審査に通らない方はお金の節操がない方だと思います。(失礼を承知で言わせて頂いております)

 

それがクレジットカード 審査に通してもらいネットショピングの振り込み手数料節約や購入確定のスピードアップが出来る上に小銭が減っていく時間外のATM手数料も節約できるのです。

 

こんなに便利なカードがなんと年会費無料。キャッシングにおいては金利面で住信SBIネット銀行カードローンにわずかにリードを許しますが、便利さや手数料面においてはダントツなので小額借り入れなら低金利カードローンよりも便利に使えますよ。

2014/10/30 10:01:30 |
薬日本堂が展開するクレジットカード「漢方スタイルクラブカード」は、その高いポイント還元率が魅力のクレジットカードです。高ポイント還元が特徴のため、カードで買い物をすればするほどポイントが貯まる仕組みになっています。通常、クレジットカードのポイント還元率といえば100円の買い物につき0.5〜1ポイント...
2014/10/30 09:59:30 |
リーダーズカードは、ショッピングクレジットのジャックスが展開するクレジットカードです。その特徴は、非常に高いポイント還元率にあります。リーダーズカードの申込サイトを確認してみると、特定の店舗に限らずどこで利用しても1000円の買い物をするごとに15ポイントが付与されるというメリットが紹介されています...
2014/10/30 09:57:30 |
SBIレギュラーカードには、他のクレジットカードにはない様々なメリットが満載です。そのひとつが、年会費が永年無料という点。通常、クレジットカードといえば年会費が発生する場合がほとんどで、たとえば2年目以降はショッピングで○○円以上利用することで年会費が無料になるといった条件付きのシステムになっている...
2014/02/08 10:25:08 |
クレジットカードの審査は、カードを発行する会社ごとに様々な基準が設けられており、会社によって異なります。そのため、クレジットカードの審査に通らない理由というのも多くの理由が考えられます。まず、最も一般的な理由といえるのが、「過去にトラブルを起こしている」というもの既にクレジットカードを持っている人で...
2014/02/08 10:22:08 |
今やクレジットカードは、インターネットでの通販での支払いをはじめ日常生活に欠かせない存在となりつつありますが、このクレジットカードでも「キャッシング」というものを利用することができます。これは、クレジットカード会社がお金を融資してくれるというものですが、似たニュアンスをもったものとして各銀行が展開す...
2014/02/06 21:19:06 |
クレジットカードというものは、買い物などで利用した分について後から請求された金額について支払いをするという仕組みとなっています。そのため、収入がどれだけあるかという点はクレジットカードを作るうえで非常に重要なポイントとなっています。収入がなければ、請求しても返済される可能性が低くなりますので、カード...
2014/02/06 21:18:06 |
一般的に、自営業の人はクレジットカードの審査が通りにくいといわれています。その理由には様々なものがありますが、やはり収入が不安定であるという点が挙げられます。会社員と異なり自営業は仕事が安定しているわけではありませんので、どうしても入ってくるお金も不安定になりがちであり、同時に年収の計算もしにくいと...
2014/02/06 21:16:06 |
クレジットカードというものは、ショッピングなどで利用した分に対して請求が届き支払うという仕組みのものです。そのため、クレジットカードを持つための利用申し込みをした場合には、必ず審査というものが行われます。買い物段階では本人にかわってカード会社が立て替えて払っているようなものですので、その分の返済がさ...
2014/02/06 21:14:06 |
クレジットカードの利用を申し込んだ場合、カード会社では審査を行います。クレジットカードを利用したい人というのは様々な人がいますが、無条件にカードを発行するわけにはいかないため、審査を行う必要があります。この審査の結果によって、申し込んできた人がカードの利用に問題がないかどうかを判断することになるので...
2014/02/06 21:11:06 |
クレジットカードは、店舗でのショッピングに欠かせない非常に便利なものとなっています。特にインターネットのショッピングにおいてはこれがなければ買い物ができないところも多く、ネット社会では不可欠な存在といえるでしょう。しかし、そんなクレジットカードですが誰でも無条件に持つことができるというわけではなく、...